×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME > パソコンのHDD交換後の再セットアップ作業(東芝)

パソコンのセットアップ作業:東芝satelliteB451(ウィンドウズ7)

パソコンはHDDを交換したあとは再セットアップが必要になります。
リカバリ作業とも呼ばれる作業なのですが、HDDを交換したばかりはHDD内部に何もデータが入っていない状態なので、ウィンドウズをセットしなくてはなりません。



ここでは東芝のノートパソコン「東芝satelliteB451」を再セットアップします。

最近のノートパソコンはDtoD式のリカバリが多く、リカバリディスクというものが付属しないものが多いですが東芝のパソコンはリカバリディスクが付属するものがあります。


B451もリカバリディスク(DVDメディア)が3枚付属していて、そのディスクをもちいてリカバリ作業をおこないます。OSはウィンドウズ7になります。


リカバリディスクの1枚めをセットしてパソコンを起動させます。
起動後に「F12キー」を押すとブートメニューが表示されますので光学ドライブからのブートを選択します(ブートとは起動のことです)


リカバリディスクからブートをおこない読込みが始まると、白いバーが進んでいきます。


ディスクが読込されてリカバリがスタートします。はじめにリカバリウィザードを選択します。


32bitと64bitの選択画面です。ここでは32bitを選択します。
お手持ちのパソコンのOSの種類によって32bitか64bitが変わります。


このあと画面に大きく「警告」の文字が表示されます。初めての場合はちょっとびっくりしてしまうかもしれません。かなりユーザーを脅かす画面です。東芝さんはかなり警告したいのでしょうね。


あとは画面の指示に従って必要な項目を選択していくとリカバリが進行します。


「コンピューターを再起動したあと、セットアップを続行します」の文字が表示されてこのあとウィンドウズのセットアップが開始します。


自動的にシステムの構成にはいり、何度かパソコンが自動的に再起動されます。


約2時間半ほどでリカバリが完了しました。初期化の状態です。
これで無事リカバリ作業が完了しました。

再セットアップ後は購入時の状態に戻っていますので、必要があれば各種設定作業をおこないます。また必要なソフト類があればインストールします。

所要時間:約2時間半
ハードディスクのフォーマットもおこないましたので、それが1時間ほどかかっています。HDDのフォーマットをしなければもう少し早く完了します。

satelliteB451の主要スペック
OS:ウィンドウズ7 Pro 32bit
CPU:Celeron B800
メモリ:2GB
HDD:250GB
 

パソコンのHDD交換と取出しの実例

各パソコンを分解してHDD取出し後交換作業をおこないました。
デスクトップパソコンおよびノートパソコンのHDD交換の実例になります。
一体型VAIOのハードディスク交換の実例:型番SONY VAIO VGC-JS50B
Lenovoパソコンのハードデイスク交換の実例:型番Lenovo M57P 6088-AQ5
NECノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番NEC Lavie LL370/ED
NECノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番NEC Lavie LL700/3
HDD交換後のパソコンのセットアップ:型番日立 PCF-DS33KA
HDD交換後のパソコンのセットアップ:型番東芝satelliteB451
HDD交換後のパソコンのセットアップ:型番HP Pavilion dv6500

HDD交換に必要なハードディスク初期化のやり方

HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その1
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その2
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その3