×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME > パソコンのHDD交換後の再セットアップ作業(日立)

パソコンのセットアップ作業:日立プリウスPCF-DS33KA(winXP)

パソコンはHDDを交換したあとは再セットアップが必要になります。
リカバリ作業とも呼ばれる作業なのですが、HDDを交換したばかりはHDD内部に何もデータが入っていない状態なので、ウィンドウズをセットしなくてはなりません。



ここでは日立のデスクトップパソコン「プリウスPCF-DS33KA」を再セットアップします。
プリウスPCF-DS33KA リカバリ

プリウスPCF-DS33KA リカバリ
Prius PCF-DS33KA 再セットアップ リカバリ作業

■PC主要スペック
CPU:インテル(R) Celeron(R) Dプロセッサ335 2.80GHz
メインメモリ:標準256MB(256MB×1、DDR SDRAM-DIMM、PC3200対応)
最大1024MB(512MB×2、DDR SDRAM-DIMM、PC3200対応
HDD:250GB(Ultra ATA 100対応)
OS:ウィンドウズXP HomeEdition

プリウスPCF-DS33KA 再セットアップ

日立のプリウスの場合は再セットアップディスクがパソコンに同梱されています。
ハードディスクを交換後にそのディスクを使用して再セットアップします。

ディスクはCDブートでCDから起動できますので起動させます。
プリウスPCF-DS33KA HDD交換
CDから起動させると画面に選択肢が出てきますので内容に応じて進めます。
画面を進めていくと上記画像のような画面になり再セットアップが開始します。 このパソコンの場合はシマンテック社のゴーストというソフトウェアを利用してセットアップしているようです。
上記画像の画面になったらあとは待つだけです。だいたい1時間ほどで完了します。

プリウスPCF-DS33KA HDD交換
再セットアップが完了すると画像のように「一括インストールは正常に終了しました」と表示されますので、パソコン本体からディスクを取出してパソコンを再起動させます。


再起動後はウィンドウズXPが起動して、プリウスのデスクトップ画面が表示されます。
この時点でウィンドウズの再セットアップは完了します。このあとは同梱されているアプリケーションディスクでアプリケーションをインストールします。


アプリケーションディスクを入れると自動的に上記画像の画面が表示されますので赤枠部分のインストールボタンを押してインストールを開始します。あとは勝手にインストールが始まりますので終了まで待つだけです。

アプリケーションのインストールが終われば再セットアップはすべて完了です。
再セットアップ後は購入時の状態に戻っていますので、必要があれば各種設定作業をおこないます。また必要なソフト類があればインストールします。
 

パソコンのHDD交換と取出しの実例

各パソコンを分解してHDD取出し後交換作業をおこないました。
デスクトップパソコンおよびノートパソコンのHDD交換の実例になります。
一体型VAIOのハードディスク交換の実例:型番SONY VAIO VGC-JS50B
Lenovoパソコンのハードデイスク交換の実例:型番Lenovo M57P 6088-AQ5
NECノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番NEC Lavie LL370/ED
NECノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番NEC Lavie LL700/3
HDD交換後のパソコンのセットアップ:型番日立 PCF-DS33KA
HDD交換後のパソコンのセットアップ:型番東芝satelliteB451
HDD交換後のパソコンのセットアップ:型番HP Pavilion dv6500

HDD交換に必要なハードディスク初期化のやり方

HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その1
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その2
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その3
 

故障したパソコンの買取:壊れたパソコンの処分にお困りではありませんか?