×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HOME > ハードディスクの基礎知識 > USB外付けHDDの使用

外付けハードディスクの使用方法

USB外付けハードデイスクはUSBのコネクターをパソコンの本体に接続するだけで手軽に使用できるHDDです。その使用方法を解説します。

USB外付けHDD(2.5インチタイプ)の実物写真


下のお写真がUSBのコネクターになります。USBコネクターはほとんどのパソコンに標準で搭載されている周辺機器用のポートです。USBの外付けHDDはただ接続するだけで使用が可能なので手軽で難しい設定などは不要です。

赤丸部分がUSBをポートに差し込んだところです。USB外付けHDDはこれだけでパソコンが自動で認識してくれます。

マイコンピューターを開いたところです。

四角の青い枠が自動で認識された外付けHDDです。このパソコン上ではGドライブとして認識されています。ドライブ名はパソコンにより異なりますのでDやEなどで認識される場合もあります。これで使用できる状態になりました。

あとはこのドライブに音楽や写真、お仕事のデータなどが保存可能です。保存可能な容量はHDDの容量により異なります。容量が多ければ多いほどたくさんのデータが保存可能です。

USBコネクターを外せばHDD自体を持ち運ぶことも可能ですので、保存したデータを出先に持っていくことが可能です。

データ保存の際はデータの種類によってフォルダで分類すると、あとからデータを探す時にわかりやすくなります。たくさんのデータを保存する際は後から見てもわかりやすいように、フォルダごとに分類するようにしましょう。

 

2012/08/18 22:03 更新

メニュー