HOME > ハードディスクの基礎知識

パソコンの分解サイト

ハードディスクの基礎知識

ハードデイスクとはパソコンの部品のひとつで、特に重要度の高い部品となります。
ハードデイスクの中にはウィンドウズなどのOSや作成した各種のデータが保存されます。 なので、このハードデイスクが故障してしまうと保存されているデータが全て消失してしまうという非常にやっかいな状態になってしまいます。

またこのハードデイスクはパソコンの部品の中でも故障の発生率が高く、非常に壊れやすい部品です。ハードデイスクが壊れないと思い込んで使用していて、HDDが故障して初めてその重要性に気がつくというケースも珍しくありません。

そのようなハードデイスクですので基本的な知識はあるに越したことはありません。
また故障した際ですが、ハードディスクのみの故障で他のパーツが故障していなければ交換することによりパソコンの修理をおこなうことが可能です。ハードディスク の交換についてですが、パソコンの機種によりその難易度は変わってきます。パソコン自体の分解が難しくハードディスク自体も交換することが難しいタイプのものもあれば、ドライバー1本でネジを外しフタを開けるだけで交換が可能なものもあります。 まずは自分のパソコンのどこにハードディスクがあるのかを確認する必要があります。
ネット上でHDD交換方法を検索などして出てくる場合もありますので、交換する際はHDDの交換をおこなうパソコンの機種名や型番などで検索すると良いでしょう。
 

ハードディスクの中身と構造

ハードデイスクを分解したところのお写真
ハードディスク分解の写真

分解したハードデイスクにはプラッタと呼ばれるデータを記録する円盤が入っています(赤丸部分)円盤はHDDの種類によりその枚数が異なります。

この円盤が高速回転し磁気ヘッド(青枠部分)で読み書きをおこないます。まず円盤が高速で回転しており、なおかつヘッドが超精密な動きでプラッター上のデータを読み書きしますので非常に正確な部分です。衝撃を与えると高確立で故障の原因となります。
このような物理的な動きのある部品ですので、衝撃での故障や劣化による故障が非常に多くなります。
 

HDDのフォーマットについて

円盤部分にデータを読み書きしますが、フォーマットという処理の方法があります。フォーマットとはハードディスクに保存されているデータを読み込みできなくするための処理です。これはウィンドウズ上でおこなうことも出来ますし、CDからブートさせたコマンドライン(回復オプションなど)でもおこなうことが可能です。

ウィンドウズ上のHDDフォーマットの方法です。
ウィンドウズ上のフォーマット画面
ハードディスクのフォーマット
 

HDDのフォーマットのやり方

マイコンピューターを開きます。
パソコンに接続されているハードディスクが表示されますので、右クリックでメニューを開き「フォーマット」を選択します。そうすると上記の画像のウィンドウが開きますので各項目を選んで開始のボタンを押すとフォーマットが開始します。
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その1
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その2
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その3

フォーマットはHDDの容量によって、その時間が変わってきます。容量が大きいと数時間かかる場合もあります。

このフォーマットをおこなうとデータが全てなくなるわけではなく、あくまでもパソコン上で読込ができない状態にするだけですので、データの復旧ソフト(サルベージソフト)などを使用するとデータが取出しできてしまうことがありますので注意が必要です。
ですのであやまってHDDをフォーマットした場合でも復旧ソフトを使用すればデータが取出し出来る場合があります。これはHDDだけでなくデジカメなどによく使用されるSDカードなどでも同様で、写真の入ったSDカードを誤ってフォーマットした場合でも復旧ソフトで取出しが出来る場合があります。
 

ハードディスクの容量の確認

ハードデイスクには容量がありそのサイズは様々です。HDDは年々、大容量化していますがそのHDD容量のウィンドウズ上での確認方法です。
HDDの容量の確認方法
 

ハードディスクの管理画面

HDDはマイコンピュータのメニューから管理画面が開けます。管理画面ではフォーマットしていないHDDをフォーマットしたり、パーティションを作成したりの操作が可能です。 またハードディスクに関しての管理操作のみだけではなく各種ウィンドウズに関する管理が可能です。
HDDの管理画面の操作方法

HDDのクローンの方法について
HDDの購入について
HDD交換の実例ページリンク集

故障したパソコンの買取:壊れたパソコンの処分にお困りではありませんか?