HOME > ハードディスクの交換の実例その3

ハードディスクの交換その3:ノートパソコンのHDD交換

実際にパソコンを分解してHDDの交換をおこないます。
その手順とお写真になります。
NEC Lavie LL370/EDのHDD交換
 


Lavie LL370/ED の分解とHDD交換


NECのノートパソコンです。

パソコンの主な仕様

CPU:モバイル AMD Sempron(TM) プロセッサ 3000+
 (AMD PowerNow!(TM) テクノロジ対応*2)
メモリ:256MB(DDR SDRAM、PC2700対応) /MAX・1GB
HDD:80GB(Ultra ATA-100)
内蔵ディスプレイ:15インチ[XGA(最大1,024×768ドット表示)]
OS:Windows XP HomeEdition

バッテリーの取り外し

バッテリーは赤丸部分のロックを押しながらスライドさせれば取外しが可能です。
ノートパソコンを分解する際はバッテリーの取外しは必須です。必ず分解前にバッテリーを外します。

パソコン本体ウラ面の写真

下段の赤丸部分2個がHDDのフタのネジになります。
上段の赤丸部分のネジがメモリのフタになります。

ハードディスクの取外し作業

フタをとめているネジ2本を外します。

ハードディスクのフタを取外したところ

ネジを2本外したあとはフタがそのまま開きます。フタを開いたあとはHDDをとめているネジを2本外します。

ハードディスクの取外し作業

HDDをとめているネジを2本外すとHDDが矢印の方向へスライドできます。
HDD本体についている茶色い部分を引っ張るとスライド可能です。
これでハードディスクの取外しは終了です。同じ規格のHDDであれば交換が可能です。
HDDタイプ:80GB(Ultra ATA-100 E-IDE)

メモリの取外し

メモリのフタは赤い枠部分のネジ1本でとまっています。
ネジを1本外します。

メモリスロット写真

メモリは標準で256MBが装着されています。このノートパソコンはメモリが最大1GBになります。最大メモリ容量にする場合、本体に標準実装されているメモリを取り外して、別売の増設メモリ(512MB)を2枚実装する必要があります。
メモリ:256MB(DDR SDRAM、PC2700対応) /MAX・1GB(512MBx2)
 

パソコンのHDD交換と取出しの実例

各パソコンを分解してHDD取出し後交換作業をおこないました。
デスクトップパソコンおよびノートパソコンのHDD交換の実例になります。
一体型VAIOのハードディスク交換の実例:型番SONY VAIO VGC-JS50B
Lenovoパソコンのハードデイスク交換の実例:型番Lenovo M57P 6088-AQ5
NECノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番NEC Lavie LL370/ED
NECノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番NEC Lavie LL700/3
東芝ノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番DynaBook T551/58CB

NECのパソコン分解ページ:NECのパソコンの分解と手順を写真付きで解説(外部リンク)

故障したパソコンの買取:壊れたパソコンの処分にお困りではありませんか?