HOME > ハードディスクの基礎知識 > ハードディスクのフォーマット :ソフト使用

HDDのフォーマット(初期化)について

フォーマット(初期化)とはハードディスクに保存されているデータをパソコン上で読み込みできなくするための初期化の処理です。これはウィンドウズ上でおこなうことも出来ますし、CDからブートさせたコマンドライン(回復オプションなど)でもおこなうことが可能です。
フォーマット(初期化)をおこなうとHDD内のデータが全て消去されます。
 

アクロニス TrueImage を使用したデータの完全消去方法

市販されているソフト「アクロニス TrueImage」はHDDのクローンやイメージの作成、データの消去などHDDに関する高機能なユーティリティソフトです。

バージョンがいくつかあるのですが今回は2010Plusを使用してのデータ消去方法になります。TrueImageはCDブートで起動できますので、ディスクをパソコンに挿入後にブートさせて起動します。

起動しますと画像のメニューが出てきます。
メニューの一番下に、ハードディスクのデータを確実に消去しますという項目がありますので、それを選択します。


次にアルゴリズムの選択画面が出てきます。
この画面ではハードディスクのデータの消去の方法を選択します。消去方法はいくつかあり、米国式やロシア式、ドイツ式など各国々の消去方法が選択可能です。この画面では一番上の米国国防総省準拠あたりを選択しておけば良いかと思います。米国国防総省が採択している方式ですので間違いないでしょう。
選択した方式により複数回のデータをハードディスクに書込みします。回数により必要な時間がかわります。多く書込みすればその分、時間も多くかかります。


あとはそのまま画面の指示に従って進めれば消去が開始いたします。
消去にかかる時間は長時間になります。選択したアルゴリズムによっては数時間かかる場合もありますので注意が必要です。
このあとは完了まで待つだけになります。消去が完了すると完了しましたのメッセージがでてきて終わりです。複数回の書込みになりますので、この方法で消去をおこなえば、ファイル復元ソフトなどでもデータを復元することはできません。
確実にデータを消去する際は「アクロニス TrueImage」をお薦めします。


HDD交換に必要なハードディスク初期化のやり方
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その1
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その2
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その3
HDDのクローンの方法について
HDDのバックアップの方法

WindowsXPの新品PC販売サイト

2012/12/26 00:21 更新

メニュー