×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

HDDの交換とリカバリ

ハードディスクの交換と取出しに関する情報をまとめて詳しく解説いたします。ハードディスクの基礎的な知識や、ハードディスク交換に関しての準備や実例などの詳細を掲載。

パソコン分解サイト

1.HDDを別のパソコンに移す

「Acronis True Image」を使用したHDD移行作業1-2-3-4
使用中のノートパソコンのHDDを別のパソコンに移して起動させます。Acronis True Imageという市販ソフトを使用します。

HDDの移行作業は4つのSTEPで説明しています。
STEP1:HDDを別のパソコンに移す準備
STEP2:HDDのイメージ作成
STEP3:作成したHDDのイメージリカバリ(復元)
STEP4:エラーの修正。ブルースクリーンの解決

Acronis True Imageの購入

Acronis True Imageの概要

2.HDD交換時に役立つ情報

Acronis True Imageの機能
ベンダーコード・デバイスコードの調べ方
不明なデバイスを調べる方法

3.パソコンのHDD交換と取出しの実例

各パソコンを分解してHDD取出し後交換作業をおこないました。デスクトップパソコンおよびノートパソコンのHDD交換の実例になります。

一体型VAIOのハードディスク交換の実例:型番SONY VAIO VGC-JS50B
Lenovoパソコンのハードデイスク交換の実例:型番Lenovo M57P 6088-AQ5
NECノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番NEC Lavie LL370/ED
NECノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番NEC Lavie LL700/3
東芝ノートパソコンのハードディスク交換の実例:型番DynaBook T551/58CB
HDD交換後のパソコンのセットアップ:型番日立 PCF-DS33KA
HDD交換後のパソコンのセットアップ:型番東芝satelliteB451
HDD交換後のパソコンのセットアップ:型番HP Pavilion dv6500

HDD交換に関する実例リンク集

HDD交換の実例ページリンク集:NECや富士通,SONYなどのPC分解の外部リンク集
便利で使えるフリーソフト集:かなり便利なフリーソフト一覧です(外部リンク)

4.HDD交換時はハードディスクの初期化が必要になります(フォーマット方法)

HDD交換に必要なハードディスク初期化のやり方(完全データ消去)
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その1
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その2
HDD交換時のフォーマット(初期化)方法その3

5.ハードディスク交換に関する知識

ハードディスク交換の必要性
HDDの容量確認
外付けHDDの使用方法
HDDのデータ消去方法
HDDの購入について

6.データのバックアップとクローン

HDDのバックアップの方法
USB外付けHDDへデータをバックアップする
オンラインストレージを利用したデータバックアップ
HDDのクローンの方法について

7.HDDクローンと交換について

HDDクローンと交換

HDDクローンとは大元となるHDDを新しいHDDへまるまる移行する作業です。ウィンドウズから各種データ、各種設定などの全てをまるまるコピーしますので、そのままHDDを 交換し入れ替えるだけでもとの状態でのウィンドウズ操作が可能です。もとのままのデータがそのまま利用可能ですので余計な手間がかからずに便利です。HDDクローンはクローン用のソフトがあれば作業可能です。

たとえばHDDを増量したい時や元のHDDの年数が経ち故障の危険性が出てきた時などに非常に役立ちます。クローンの作業自体は慣れてしまえばさほど難しいものではないので、作業の際は当サイトを参考ください。

「Acronis True Image」は多機能なクローンソフトです。HDDとHDDのクローンはもちろんのこと、HDDの内容を丸ごとイメージデータとして保存も可能です。またHDDをクローンして別のパソコンへ移植することが可能です。

HDDのクローンの方法について
HDDのバックアップについて

ノートパソコンのHDD交換でIDE接続のHDDの場合ですが、コネクタのピンが曲がりやすく外す際にピンを曲げてしまう場合があります。HDDを抜き取る際はピンを曲げないようにゆっくりと作業する必要があります。またHDDは衝撃に非常に弱いため、落下させたりすると衝撃で壊れますので取扱いには十分注意する必要があります。

HDD交換の際の注意事項詳細

8.ハードディスクの基礎知識

ハードデイスクとはパソコンの部品のひとつで、特に重要度の高い部品となります。
ハードデイスクの中にはウィンドウズなどのOSや作成した各種のデータが保存されます。 なので、このハードデイスクが故障してしまうと保存されているデータが全て消失してしまうというやっかいな状態になってしまいます。

HDDの基礎知識の解説

容量:HDDの容量は年々大容量化しています。近年はTB(テラバイト)クラスのHDDが増えてきました。また価格も年々安くなってきております。
サイズ:主流は3.5インチ(デスクトップ用)と2.5インチ(ノートパソコン用)になります。
接続形式:主流はIDE(パラレル接続)とSATA(シリアル接続)になります。

HDDの種類について・・・

パーツ内部にはプラッタと呼ばれる磁気ディスクがあり高速で回転しています。高速回転するプラッタを磁気ヘッドにて読み書きをおこないます。まずプラッタが高速で回転しており、なおかつ磁気ヘッドが超精密な動きでプラッター上のデータを読み書きしますので非常に正確でデリケートな部分です。衝撃を与えると高確立で故障の原因となります。

ハードディスクの仕組みについて・・・

ハードディスクは故障の発生率の高いパーツです。ハードディスクが故障して中のデータがなくなる前にバックアップをとるようにしたいところです。データのバックアップの方法は幾つかありますが、その方法をご紹介します。

ハードディスクのバックアップについて・・・


(2012/03/09 OPEN)old_hp

▲このページのトップへ